2011年12月24日

どこまで詐欺を続ける民主党

「詐欺政権」

と名付けてから久しいですが、今日(23日)のニュースで

「八ツ場ダム建設継続を決定」

というニュースを聞いて、野田のバカ面を思い浮かべると同時に、民主党の議員たちの恥知らずぶりにもあいた口が塞がらない。
たった一人だけ 離党 を表明した議員がいたようですが、他の議員たちはただ次の選挙のことだけを考え、じっと議員のいすにしがみついているのでしょう。

民主党に問いたい!

● マニフェストで「やる」と言ったことで、実際に実行したことはなんですか?
● マニフェストで「やらない」もしくは「やめる」と言ったことで実際に実行したことはなんですか?

「やる」と言ったことはやらないし
「やらない・やめる」と言ったことはやっている。

それが実情でしょ!!

これを 詐欺 と言わずしてなんという?

国民もバカです。
こんな政党に投票してしまったことを悔いていない人がいまだに沢山いるのだから。

「脱原発運動」をしている人たちも同様。
私が野田になったって、「狡猾に原発行政を進めるだろう」と以前言ったことに対して、まったく聞く耳持たず。
それどころか、自民党には言えなかった「減原発」を口にしただけで民主党は偉い!!ーーーなんて言っている。
市民組織のリーダー格の人たちにさえ、「知の劣化」が進んでいると言わざるをえない。

次の選挙で民主党がどんなマニフェストを出そうと、一切信用なんてできないはず。
私などは民主党のマニフェストなんて一切読もうともしないでしょう。どうせウソだから。

でも相変わらずご丁寧にそれを読んで、評価しようとする人たちがいる。
全く日本人は理解できない。

騙されたがっているんでしょうかね。。。

posted by ポリポリ at 00:17| Comment(0) | 政治と陰謀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

みどりの党を創れないか

ほとほと日本の政治にはうんざり。

多くの国民がそう思っているでしょう。
このような時局において、常に人気を集めるようになるのが

強さ 強引さ 変革 を訴える一方

あえて敵を作りそれを徹底的に攻撃する

独裁者タイプの人間です。

ヒトラーしかり
橋下徹 しかり。。。

自由や民主主義の徹底や人権や福祉

といったものは後ろに追いやられ、

弱いものは叩き強いものだけを優遇しようとする風潮が強まります。
「あなたはその強い人間の一人です」
と言われると、何となく支配者たちの中の一員になれたような錯覚を起こすのでしょう。
その優越感を与えるために「弱いものの側にいてはいけない」という洗脳が行われ、多くの市民が思考停止状態のまま「強い側」に従ってしまうのです。

これは「いつか来た道」だということを忘れてしまうようです。
別に大阪の人たちの多くがバカで、歴史認識も乏しいーーーというわけではないでしょう(もしかしたらそう??)。

日本人に限らず、社会が低迷しているような状況で自分自身満たされない思いでいると、右傾化する傾向があるようです。

社会に対する恨み憎しみが、左翼革命につながることはほとんどありません。左翼革命を唱える人たちの多くは、高等教育を受けたインテリが多く、社会の底辺で苦しんできたひとではないというのが昔からの実態です。
(戦後東大生の多くが共産党に入党しました。一方地方の貧しい農民たちは自民党支持にまわりました。)
社会からより疎外されてきた人たちが求めるのは、最初は自分の生活を良くすることですが、その希望が絶望に変わったとき、「自分たちを主人公とする社会のための革命」ではなく「強力な指導者に頼り従うことで自分の居場所を確保したい」というものに変わるようです。

時代は大変独裁者が生まれ易い状況になっているにもかかわらず、メディアはなんら警告を発することはありません。
面白ければいい。雑誌が売れれば、テレビが視聴率をとれればそれでOK!! そういう状況です。

恐ろしい勢いで「知の劣化」がありとあらゆる日本社会の各階層で起きています。

もはや既存政党に期待はできません。
(だからと言って「維新の会」みたいなのはもっと困る!)

どうしても多くの市民を巻き込んで新しい政治の方向を求めてゆく斬新な政党が必要です。
なんとか 日本版「みどりの党」 を創れないかと思うのですが、これまたいろいろと困難な状況にあります。

現在「みどりの党」を名乗る政党はあるのですが、サイトから意見や質問を出しても一切応える気のない組織です。
(ウソだと思ったら、やってみてください。特に批判的意見は無視されるでしょう。)
サイト管理もいいかげんです。

また「みどり」を名乗る中に「三橋派」というのがあるそうですが、こちらは新左翼系(過激派)だそうです。

こんな状況では多くの市民を結集できる 「みどりの党」 を創ることは難しい。
でもやらなければならないんじゃないでしょうか?

このまま閉塞感を”バネ”に、差別的で好戦的な力が跳ね上がることがないよう、良識を持った市民は立ち上がるべきだと考えます。

「どうせ2012年で社会は崩壊するんでしょ!」

という人もいます。もし仮にそうだとしても、人間としての尊厳を捨て去ってしまっていいというものではないでしょう。
誰かを踏みつけながら自分だけはより高みに行こうとする行為および考えは、人間性を崩壊させるでしょう。
社会が崩壊する前に自身の精神を崩壊させないよう、良く考えてもらいたいものだと願わずにはいられません。

posted by ポリポリ at 23:36| Comment(0) | 政治と陰謀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

知の劣化の浸食

日本の政治は三流と言われ続けてきた。

民主党に政権交代してからもその状況に変わりはない。
というか、さらにひどくなっている。

「知の劣化」
はいわゆる知識人において深刻な状況であると、佐藤優氏は警告しているが、では一般人ではそれほど深刻でないかと言えば、実はもっとひどいのではないかと思わざるを得ない。

学力崩壊が叫ばれて久しいが、実際に若い世代での知力の低下は相当に深刻だ。

政治家たちだけがダメになったのではない。
一般人の知の劣化が進み、その結果アホな連中が容易に政治家になるようになったということだ。

あのアホ総理に対して
「人柄が信頼できそう」などと言う理由で4割くらいの国民が支持しているというニュースを以前聞いて、「バカじゃなかろか!」と思った。
日本人大丈夫か?
いや、もうダメなんじゃないか?
今の大人たちの学力を今更上げようとしたって、無理ってもんでしょう。
市民活動に加わっているような人でも、「読めない 書けない 計算できない」ひとは珍しくない。市民活動に感心を持つような人には多少の学力を期待するのだが、それは裏切られることが近年多い。「普通のひと」の状況は推して知るべし。

昔から日本では
読み・書き・そろばん
が基本だった。その基本が崩壊している。

ヨーロッパから帰国したとき、とにかく日本人が皆バカに見えてしかたなかった。あれから20年近く経って状況はさらに悪化。
外国人から見て日本人はさぞかしバカにみえるのではないか。
相変わらず 12歳 のままの日本人。

もうあきらめの気持ちの中、高校生の息子にこう言った。
「これだけバカが多ければ、日本で出世するなんてワケないぞ!」

息子はこう言った。
「こんな日本で暮らそうとは思わないよ」

うん、それが正解だ。
この国に希望なんてほとんどない。

posted by ポリポリ at 23:25| Comment(0) | 政治と陰謀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

ヨーロッパの経済危機は予想外

15年ほど前に上梓した
「憂鬱な国・ニッポン」
で、私は近い将来
「資本主義は崩壊する」
とハッキリ書いた。

この考えに変更はない。
でも正直、ヨーロッパの経済危機がこれほど早くやってくるとは思っていなかった。
これは「想定外」。

ヨーロッパの社会システムはアメリカなどと比べたら、はるかに強固であると思っていたからです。
福祉などの社会保証システムにおいて、ヨーロッパの多くの国はかなりしっかりとしたシステムを構築してきたと考えています。
だから、ヨーロッパが EU統合を進めユーロ導入に踏み切ったときには、「これはアメリカ主導世界経済からの脱却を目指したもの」と好意的に考えていたのです。

ヨーロッパはおそらく当初の方向性はそのようなものだったと思いますが、いったいどうしたのでしょう。
アメリカの金融ゲームにまんまと巻き込まれてしまったようにみえます。
ギリシャにしろイタリアにしろ、その国民がいいかげんであったのではありません。
いいかげんだったのは、日本同様政治家たちと企業トップの連中です。
巨額の利益を得ながら、国家破産の危機の前に彼らはツケを一般市民に押し付けようとしています。それがヨーロッパ各地で発生している抗議デモの理由でしょう。

アメリカ経済からの独立を目指しながら、その一方でアメリカ的マネーゲームに対する規制をかけられなかった政治家連中に多くの責任があると考えます。

さて、日本はどうでしょう?

日本はヨーロッパより先に崩壊すると考えてきました。
その考えは基本的に今も変わりませんが、日本崩壊の前にEUが崩壊するかもしれません。
共通通貨ユーロは崩壊するかもしれません。もちろんそうなった場合の世界的影響は計り知れません。
でも経済的にまだ余裕のある
ドイツ
フランス
は国家破産という状況にはならないと思います。
小さい国でもオーストリアのような優等生の国も大丈夫でしょう。

でもいずれにしても 資本主義経済の大崩壊 は避けられないと思います。

だって、どう考えたって無理ってもんでしょう!
対処方法がどの国も見つからないから首脳会議ばかりやっている。
どの国も 「自分だけは生き残ろう」 と必死です。

このような世界状況をみると、キューバという国が実に偉大で優秀に見えてきます。
キューバは今世界の混沌を横目でみながら、余裕の表情でニヤニヤ笑いしているかもしれない。

キューバで農業をするって、結構いい選択かもしれない。。。

あ、それからもうひとつ付け加えておきましょう。
今日も日本では結構大きな地震がありました。場所は北海道。
東日本の大地震のあと、日本各地でチョコチョコと地震が発生しています。
それなのに東海地方では目立った地震が発生していない。とても不気味です。
今東京や大阪など大都市圏で直下型地震でも発生したら、もう日本は完全にギブアップ状態です。
復興資金なんてもう出ません。
思い切って徳政令でも出して、金融封鎖しないかぎり社会そのものが崩壊するでしょう。
略奪、暴行、殺人・・・なんでもありの状態に陥ります。今の日本で政治家は全く信用されていませんから。
このところ大地震の夢を何度もみているので、とても不気味です。
経済、社会のシステムにおいて「ニッポン沈没」となる可能性は否定できません。
posted by ポリポリ at 23:09| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

民主党政権で日本崩壊

ボンボン バカボン バカ総理 なノダー!!

あまりにひどい

民主党政権。

総理はじめ閣僚連中の国会答弁を聞きましたか?
あのいい加減さ。無責任さ。
とりわけ 「松下政経塾」出身 議員はダメダメ。

とにかく 史上最悪内閣 と言っていいと思っています。
自民党よりひどい政党があるとは思っていなかったけど、ここまでひどいと怒りより恐怖を感じます。

この国、崩壊するぞ!!

という恐怖感です。

まだ支持率が40%くらいあるというのには、日本人の知能レベルを疑ってしまいますが、実際にはそんなに支持率はないでしょう。
メディアの伝える支持率ってかなりいいかげんですからね。
だって、支持できる理由なんてどう考えたってないでしょう!

詐欺内閣と言っていいほどのひどい政権だと思いますよ。
はやく連中に退場してもらわないと、大変なことになりますよ。
posted by ポリポリ at 23:33| Comment(0) | 政治と陰謀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。